プロフィール

マークなかじま(本名:中島正雄)


自己紹介:

生年月日: 1977年5月7日
出身地: 京都府長岡京市

血液型: A型

動物占い: チータ

趣味: プロレス観戦(最近は主に週刊プロレス専門です)

        読書

家族: 妻
資格: 米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー

        米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)プラクティショナー
        GCS(銀座コーチングスクール)認定コーチ

        ビジネス・キャリア検定 人事・人材開発2級

        基本情報技術者

        初級システムアドミニストレーター

会員: 日本コーチ協会 大阪チャプター

        日本ファシリテーション協会

ブログ:http://ameblo.jp/2011-mark/

 

小中を地元の公立校に通う。

小学校の頃から、世間に対する不条理な思いを抱きながら育つ。

「総理大臣の名前も答えられない大人に選挙権があって僕にないのは不公平」

といって、教師を困らせた記憶が・・・

その後、学級委員や生徒会を歴任するも、軽いいじめに合い少し人間不信に。

 

そんな中でも、学業に励み私立の高校に特待生として入学する。

引き続き世間に対する不信感は大きくなり、

ノストラダムスの予言を待ちわびるようになっていた。

 

大阪の大学に進み、ESS(English Speaking Society)という

英語サークルに入ることに。

その場所の居心地がとてもよく、認められる喜びを心から感じる。

引退の際には、人目をはばからず涙を流し続けた。

 

大学院に進むものの、自分の価値観と周囲の価値観のギャップに苦しむ。

サークル時代の楽しい思い出を回顧しながら、再び世間への不信感が。

ノストラダムスの予言が外れて、がっかりしていたことを思い出す。

 

地元の企業に就職するも、社会の厳しさの前に

自分の価値観はぼろぼろに。

心療内科に始めて通ったのは、入社後1年過ぎてから。

 

異動により、症状は改善されたものの

会社からの評価と与えられる仕事との関係に納得することができず

二度目の心療内科通いに。

 

1年と少しの通院生活を経て、転職を決意。

幸い、親身なエージェントの支援もあり、第一希望の企業に入社。

 

ただストレスを感じやすい性格は、根本解決したわけではない為

仕事上のストレスで、後頭部に脱毛が。

そんな状況のもと、たまたまブログでNLPの存在を知る。

 

2011年4月より、NLPを学び始め、人生が好転し始める。

 

NLP、コーチング、カウンセリング、楽読、ファシリテーション等

これらをリソースに、「ビーイングコンダクター」として

皆様の人生を応援するべく、活動をしています。